本文へスキップ

うしゃぎさんは、ロールケーキ・誕生日ケーキ・スイーツ・クレープ…をホームメードでお作りします。

TEL.042-728-4655 info@ushagisan.ocnk.net

〒194-0013 東京都町田市原町田3-6-5

うしゃぎさんの紹介ushagisan

 お店の移り変わり…

2009.03 移転 町田・現店舗 3代目店舗
ロールケーキがるるぶ等の雑誌で紹介され、移転(2代目店舗ではレイアウトの関係で導入が無理でした)と同時に石窯パティスリーオーブンを全国初導入しました。
2代目店舗は人通りが多くじっくり作業が出来なかったため、路地裏にある店舗にしました。よくある郊外型の駐車場を構えた大きな店舗も考えたのですが、もともとお菓子作りが好きで始めたお店のため違うのかな…。人を雇うと一般的なレシピ・作り方になってしまうのと、やはり自分で作りたい…。売るよりも作るのがメインで好みのものを作りお客様に喜んでもらえれば、という初代店舗に近い感じにしました。

ギガダイソー1階表側の店舗・うしゃぎさん2004〜2009年
2004.09 移転 町田・ギガダイソー1F表側 2代目店舗
この店舗はダイエーグルメシティが管轄していて、古くはダイエー初の関東進出の場所で昔は大変なにぎわいでした。1階表の店舗は日本のハンバーガーチェーンの1号店(発祥の地)で当時は注目されたようです。その古い建物も大店舗法の耐震等でやはり建て替えになり、2016年に大きなマンション(一部ダイエーが入ってます)になりました。人通りがそれなりにあり店舗の作り上、クレープと大きなクマが目立ったお店でした。ダイエーさんだけあって、お菓子作り以外にいろいろ大変なことがあった店舗でした.

2002.09.13 OPEN 相模大野 初代店舗
女子大通りにある大きなクマがお出迎えの小さな店舗でした。時々、看板娘のうしゃぎ(ネコのような白いマルチーズ)がお待ちしてました。
小さな店舗で、何でも手が届く小さな工房でした。ベーシックなお菓子作りにはよかったのですが、厨房機器の増設が出来ずやはり手狭になりました。縁があり町田に移転。最初はこの店舗を残してという話もあったのですが、町田の店舗を全面的にお願いされたため急の移転となりました。





 スタッフ

もちつきうさぎ 作り手

見た目よりも食べておいしいお菓子作りをしています。お菓子作りに必要なのは、「たまご・小麦粉・砂糖・バター・クリーム」バニラや香料やリキュールやエッセンスは良い素材を用いたら必要ありません。
私は製菓の学校やケーキ屋で修業した経験がありません。それが常識にとらわれないお菓子作りになって味に現れているようですね。

人見知り?なため接客は得意ではないんです。とにかくお菓子を作りたい。仕事もスノボも全力。好きなことをしてる時が幸せです。



うさ太朗 店長

既存に流されずに本来あるべき姿を想像しながら味やレシピを作ってます。そして他にないオリジナルの味を作るようにしてます。といっても新しいものを作るのでなく、日本で発展した日本の洋菓子をベーシックに表現したい…。スポンジならたまごの味にこだわり、生クリームなら乳自体の味にこだわり…。そのためには素材自体の味が大切になります。当店のこだわりは、素材のこだわりでもあります。生産者に、感謝。

店内に音楽を流しながら仕事してます。店頭では話すときりがないため最低限の接客をしています。よかったら話しかけて下さい。




相模大野の店舗の時の看板娘、マルチーズのうしゃぎ。店名の由来です。
その節はクレープの皮をいただきありがとうございました。

過去のページ・リンク



町田のロールケーキ・クレープ・デコレーションケーキのうしゃぎさん

うしゃぎさん

〒194-0013
東京都町田市原町田3-6-5
TEL.042-728-4655
info@ushagisan.ocnk.net


作り手・もちつきうさぎのブログ